ここから本文です

オダギリジョー×蒼井優×松田翔太出演『オーバー・フェンス』クラウドファンディングがスタート

cinemacafe.net 7月7日(木)15時30分配信

オダギリジョー、蒼井優、松田翔太ら日本映画界を担う豪華俳優陣が出演する『オーバー・フェンス』。この度、本作のクラウドファンディングがスタート。本日7月7日(木)より、応援団を募集をすることが分かった。

【写真】『オーバー・フェンス』場面写真

家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。訓練校とアパートの往復、2本の缶ビールとコンビニ弁当の惰性の日々。白岩は、なんの楽しみもなく、ただ働いて死ぬだけ、そう思っていた。そんなある日、同じ職業訓練校に通う仲間の代島にキャバクラへ連れて行かれ、鳥の動きを真似る風変りな若いホステスと出会う。名前は聡。「名前で苦労したけど親のこと悪く言わないで、頭悪いだけだから」そんな風に話す、どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に強く惹かれていくが…。

本作は、『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く、孤高の作家・佐藤泰志原作の函館3部作の最終章。佐藤氏が執筆活動を諦めかけた頃、函館の職業訓練校にて過ごした自身の経験を基に執筆し、生涯最後の芥川賞の候補となった同名小説が原作だ。

監督には『マイ・バック・ページ 』『味園ユニバース』などを手掛ける山下敦弘。主人公・白岩役にオダギリさん、白岩と恋に落ちる女性・聡役に蒼井さん、白岩と同じ職業訓練校の生徒・代島役に松田さんなど豪華キャストが出演。ほかにも、脚本や音楽、撮影に照明にと国内外で高く評価された『そこのみにて光輝く』のスタッフ陣が再集結し、邦画界を支えるスタッフ・キャストが顔を揃えている。

そして今回、本作の上映に向けて、クラウドファンディングサービス“Makuake”にて、一緒に作品を盛り上げてくれる応援団員を募集。支援者には、プロジェクトに応援団員として参加することで、映画をより一層体感して楽しめるようなイベントや、クラウド限定のリターンなどが用意されているようだ。

また、星野秀樹プロデューサーからコメントが到着。「熊切和嘉監督をはじめとするスタッフ、俳優陣、函館市民の皆さんとともに映画『海炭市叙景』を作る体験が、自主映画制作時代の“スタッフ、キャスト、地域の方々”が一丸となる感覚を思い出し、またこういう映画作りがしてみたいなぁという純粋な気持ちが芽生え、第2弾として『そこのみにて光輝く』を作った後、自主映画的アプローチの映画作りの集大成として、また函館出身の佐藤泰志さんの原作小説の映画化3部作の最終章としても、一時代に“共通した匂いのある”作品群を残す映画運動のようなものをやってみたいという衝動に駆られました」と本作の製作経緯を語っていた。

『オーバー・フェンス』は9月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。

最終更新:7月7日(木)15時30分

cinemacafe.net