ここから本文です

「ウォーキング・デッド」ダリル&キャロルの仲良しショットにファン騒然

シネマトゥデイ 7月7日(木)14時14分配信

 海外ドラマ「ウォーキング・デッド」のダリル役で大人気のノーマン・リーダスが、キャロル役メリッサ・マクブライドとの墓穴前でのオフショットをInstagramに投稿し、ファン騒然となっている。

 シーズン1から最新シーズンにわたって幾多の試練を共にし、絆をはぐくんできた生存者チームのダリルとキャロル。ノーマンがインスタに投稿したのは、穴の前でメリッサと肩を組んで座ったショットで2人ともシャベルを手にしている。シリーズの中でもとりわけサバイブ能力が高く人気のあるキャラの2ショットに「肩を組んでる!」「キュートなカップル」「美しい」「最新シーズンが待ち遠しい!」など興奮の声が後を絶たない。

 本作では、生存者チームにおいて仲間がウォーカーと呼ばれる生ける屍、もしくは対立する生存者チームに襲われるなどで死亡した際には、墓を掘って手厚く埋葬するのがルールとされており、2人が掘ったであろう穴に対して「誰が死んだの!?」「何の穴?」「どーゆうこと?」と疑問の声が殺到。ノーマン本人はどのエピソードなのか明記していないが、シーズン6のエピソード14で、かつてダリルのバイクを奪って逃げた男ドワイトらに殺されたデニース(メリット・ウェヴァー)を埋葬した際のシーンと思われる。

 最新シーズンとなる第6作は、リック率いる生存者チームと対立するチームのボスで「救世主」と呼ばれる男ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)がリックらを捕らえ、そのうちの一人をバットで滅多打ちにするショッキングなシーンで終了。これを観たファンたちはシーズン史上最も残忍で恐ろしいニーガンのキャラに震え上がり、ネット上で「主要キャラのうち死んだのは誰なのか?」と盛り上がっている。(編集部・石井百合子)

最終更新:7月7日(木)17時59分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。