ここから本文です

LOW IQ 01 & MIGHTY BEAT MAKERS、1stミニ・アルバムを発表

CDジャーナル 7月7日(木)17時16分配信

 ソロ活動17年目となる2016年、LOW IQ 01が自主レーベル「MASTER OF MUSIC RECORDS」を立ち上げ、7月6日(水)にリリース第1弾、LOW IQ 01 & MIGHTY BEAT MAKERS名義の初のミニ・アルバム『THE BOP』を発表。メンバーはLOW IQ 01のほか、渡邊 忍(ASPARAGUS)、福田“TDC”忠章(FRONTIER BACKYARD / SCAFULL KING)、日向秀和(STRAIGHTENER / Nothing's Carved In Stone)。

 現在、LOW IQ 01のオフィシャル・サイトでは、サイトウ“JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、大谷ノブ彦(DJダイノジ)、Jean-Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)ら、アルバム『THE BOP』に寄せられたアーティストからの推薦コメントを掲載中(www.lowiq01.jp/thebop)。腕ききのミュージシャンが集結したバンドだけに、LOW IQ 01をはじめ各メンバーが“ミュージシャンズ・ミュージシャン”。『THE BOP』は、それぞれが自由に演奏することで、ライヴ感あふれる迫力のメロティックパンクロックに仕上がっています。また同作品には、TOSHI-LOW(BRAHMAN / OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)がコーラスで参加しています。

最終更新:7月7日(木)17時16分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。