ここから本文です

鉄道規格EN50155に適合した高性能・耐環境ボックスコンピュータを発売

MONOist 7月7日(木)7時55分配信

 コンテックは2016年6月20日、鉄道車両などの移動体や厳しい環境下でのエッジコンピューティングを可能にする、耐環境IoTデバイスプラットフォーム「ボックスコンピュータ BX-830」を発売した。鉄道規格「EN50155」(Class TX)および火災安全性規格「EN45545-2」に適合している。

 BX-830は、プラットフォームにインテル Atom プロセッサ E3845を採用。周囲温度-40~70℃の範囲で起動・連続動作が可能で、耐振動5G/耐衝撃100Gを達成している。放熱スリット/CPUファンを廃し、ストレージにSSD(CFastカード)を採用した完全スピンドルレス設計により、ほこりや異物の侵入などを防ぎ、保守点検業務の負担を軽減した。

 また、ネットワーク経由で外部からシステムアップ(Wake On LAN)、モデム受信によるシステムアップ(Power On by Ring)が可能で、運用を省力化するリモート電源管理機能を備えている。

 ラインアップは、OS/ストレージなしの「BX-830D-DC700000」、Windows Embedded Standard 7の「BX-830D-DC731314」、Windows 10 IoT Enterpriseの「BX-830D-DC781724」の3種となる。価格はいずれもオープン。BX-830D-DC700000/BX-830D-DC731314は2016年6月上旬、BX-830D-DC781724は2016年10月に出荷を開始する。Windows EmbeddedプレインストールモデルのBX-830D-DC731314では、OSのEWF機能により、記憶装置への不要な書き込みを禁止できるとしている。

最終更新:7月7日(木)7時55分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]