ここから本文です

【夏休み2016】東京都庭園美術館「こどもとファッション」展7/16より開催

リセマム 7月7日(木)19時15分配信

 東京都庭園美術館では7月16日~8月31日の期間、貴重な西洋の子ども服や子ども服にまつわる絵画、絵本、写真などを展示する企画展「こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し」を開催する。会期中は、子ども服にまつわる講演会やギャラリートークも行われる。

関連画像を見る

 企画展では「こどもらしさは、こどもが作ったわけじゃない」をテーマに、子どもが着る服はそれを与える大人たちが「子ども」という存在をどう認識しているのかを反映しているとして、各時代の子ども服を紐解くことでその時代・その社会に求められた「こどもらしさ」を伝えている。

 子ども服は消耗が激しく良い状態で保存されている資料は少ないが、企画展では西洋の18世紀から20世紀初頭にかけての貴重な例と、明治以降の日本の洋装子ども服を展示。そのほか絵画やファッションプレート、絵本、写真など150点余りから子どもの装いの変遷をたどる。

 会期中には、講演会「子どもは愛されたのか?ヨーロッパの子ども服の歴史」や、ギャラリー・カンバセーション「『こども』を哲学する」、ギャラリートーク「こどもとファッション」など、子ども服にまつわる参加型プログラムも開催。講演会とギャラリートークは入場無料、事前申込不要。カンバセーションは各回定員30名で参加費500円。事前にWebサイトから申込が必要。いずれのプログラムも開催日や定員などの詳細はWebサイトで確認できる。

 東京都庭園美術館では、館内にオムツ換えのできるトイレや授乳室、子どもと遊べるウェルカムルームなどを完備しており、子ども連れでも安心して美術鑑賞できる環境を整えている。

◆こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し
会期:7月16日(土)~8月31日(水)
時間:10:00~18:00(8月5日、6日、12日、13日の4日間は、夜間開館21:00まで)
会場:東京都庭園美術館(本館・新館)
休館日:第2・第4水曜日
観覧料:一般1,100(880)円、大学生(専修・各種専門学校含む)880(700)円、中・高校生・65歳以上550(440)円
 ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金、小学生以下および都内在住在学の中学生は無料

《リセマム 畑山望》

最終更新:7月7日(木)19時15分

リセマム