ここから本文です

大石 始が新著「ニッポンのマツリズム」を刊行 記念イベントの開催も決定

CDジャーナル 7月7日(木)17時16分配信

 民族音楽 / 芸能を軸に古今東西がリンクする取材を世界各国で続ける文筆家にして、BLACK SMOKER RECORDSよりミックスCD『THE VOICE OF TRIBES』をリリースするDJとしても知られる大石 始が、好評を博した昨年の「ニッポン大音頭時代 「東京音頭」から始まる流行音楽のかたち」(河出書房新社刊)に続く新著「ニッポンのマツリズム 盆踊り・祭りと出会う旅」(2,000円 + 税 / アルテスパブリッシング刊)を7月8日(金)に刊行。

 同書は、大石が日本全国の盆踊り・祭りに自らの足を運び、体験した記録の一部を、ケイコ・K・オオイシによる写真と共に綴る作品。青森、秋田から奄美、沖縄まで、様々な祭事に参加することで現出した知られざる日本の姿を、民族音楽から最新鋭のベースミュージックにまで精通し、多様な文化に触れた経験を持つ大石ならではの観点で切り取る内容となっています。

 また、同書の刊行を記念したイベント〈日本列島祭りの旅~ニッポンのダンス・リズム・メロディ〉が7月14日(木)、東京・下北沢 本屋 B&B(bookandbeer.com)にて開催されることも決定。詳しくはイベントの特設ページ(bookandbeer.com/event/20160714_bt)にてご確認ください。

最終更新:7月7日(木)17時16分

CDジャーナル