ここから本文です

【プロキオンS】ニシケンモノノフ準備万端 庄野師も合格点

デイリースポーツ 7月7日(木)6時59分配信

 「プロキオンS・G3」(10日、中京)

 準備は整った。2カ月半ぶりに復帰するニシケンモノノフは6日、朝一番の栗東坂路へ。ラッシュ時に単走で追い切られ、しまい重点に4F51秒5-37秒2-12秒0の好タイムをマークした。

 シャープな動きを見届けた庄野師は「先週の段階で体はできている。けさの動きも問題なかった」と内容に合格点。前走後は短期放牧を挟み、ここ一本に絞って調整してきた。「しっかりやってきたからね。このひと追いで息も出来上がると思う」と復帰戦から全力投球を誓った。

 2歳時に交流G2・兵庫ジュニアGPを制しているが、中央の重賞は15年11月の武蔵野S4着がキャリアハイ。指揮官は「何とか重賞を獲らせたい。そう思える馬。今回は条件もいいので」と待望のVシーンを描く。

 鞍上には、函館を主戦場としている岩田を手配。「彼には土日のメインを気持ちよく勝ってもらいたいね」とトレーナー。五稜郭S(土曜函館11R)の有力馬レッドソロモンとの“メインジャック”が青写真だ。

最終更新:7月7日(木)8時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。