ここから本文です

神木隆之介、大ファン・新海誠監督から連絡省かれショック「俺、来てないっす…」

映画.com 7月7日(木)20時20分配信

 [映画.com ニュース] 新海誠監督の長編アニメーション最新作「君の名は。」の完成披露試写会が7月7日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、声優を務めた神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、谷花音ちゃん、新海監督が舞台挨拶に出席した。

【フォトギャラリー】浴衣姿の神木隆之介&上白石萌音&長澤まさみ、その他の写真はこちら

 遠く離れた地に住む男子高校生の瀧(神木)と女子高校生・三葉(上白石)が、心と体が入れ替わる不思議な夢を見たことをきっかけに、互いの存在を知っていく姿を描く。新海監督の大ファンだという神木は、「この作品に携われることが嬉しくて。ここに立てて、本当に幸せです」と感無量の面持ち。新海監督は「神木さんが本当に僕の作品に詳しくて。僕が忘れていることをたくさん語ってくれる」と驚嘆し、「僕がキャラクターに求めている声のトーンを、神木さんがまっすぐに示してくれて、本当に好きでいてくれていると実感しました」と称賛していた。

 劇中には瀧と三葉が入れ替わる演技があるだけに、神木は「やりすぎてもダメだし、やらなさすぎても変わった感じがわからない。絶妙なバランスを、毎回声で表現しなければいけないので難しかった」と吐露する。一方の上白石は「神木さんの入れ替わった三葉の演技がかわいくて、焦りました。自分がやるより何百倍もかわいい」とこぼし、「男女の垣根を超えて演じ分けられるのが、感動しました」と最敬礼だった。

 さらにこの日は七夕ということもあり、浴衣で登場した登壇陣が願いを込めた短冊を披露することに。神木は「『新海監督とカフェに行きたい』。新海監督ともっともっと話したい。開店から閉店までいましょう」と鼻息を荒くしたが、新海監督は「ちょっと、重い(笑)」とやんわり拒否。そのほか「運命の人と出逢えますように」(上白石)、「宇宙に行ってみたい」(長澤)、「今年こそ泳げるようになる」(花音ちゃん)、「宇治平等院の天女になりたい」(市原)と思い思いの願いが挙がり、最後は新海監督が「この作品が運命の観客と出逢えますように」と締め、客席の拍手を浴びた。

 また、今作は7月3日(現地時間)に北米最大のアニメコンベンション「Anime Expo 2016」でワールドプレミア上映されており、約3400人の観客が喝さいを送った。現地入りした新海監督は「反応がビビッドで、皆さんに伝えたかったです」と振り返り、「上白石さんには、LINEでこっそり伝えましたけど」と告白。すると神木は「俺には来てないっす……」とショックを露わにし、新海監督は「忙しいかなと思って」と慌ててフォローを入れていた。

 「君の名は。」は、8月26日から全国公開。

最終更新:7月7日(木)20時20分

映画.com