ここから本文です

リヴァプール、早くもクロップ監督と契約延長へ

ISM 7月7日(木)17時11分配信

 リヴァプール(イングランド)がユルゲン・クロップ監督(49)に、契約延長を持ちかけているようだ。英『BBC』など複数メディアが現地時間6日に報じている。

 ドルトムント(ドイツ)を2度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ決勝進出に導いたクロップ監督は、昨年10月にリヴァプールの指揮官に就任。シーズン途中から率いたチームを、ヨーロッパリーグとリーグカップ(キャピタルワンカップ)決勝へと導いた。

 クロップ監督の現行の契約は2018年までで、さらに1年の延長オプションがついている。しかし『BBC』によれば、リヴァプールの上層部はクロップ監督への信頼を示すとともに、去就問題浮上の可能性を避けるべく、早くも指揮官との契約を延長する考えだという。

 ただし、クロップ監督の年俸はすでに最高クラスにあるため、新契約で金銭面の条件が更新されるとは限らないとのこと。

最終更新:7月7日(木)17時12分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。