ここから本文です

『ウォッチドッグス2』グッズ満載のコレクターズエディションがエビテン限定で予約開始! 

ファミ通.com 7月7日(木)12時16分配信

●ファン垂涎! この豪華なラインアップを見よ
 ユービーアイソフトより2016年12月1日発売予定の『ウォッチドッグス2』(PS4、Xbox One、PC)。ファンが待ち望んでいた続編の国内版発売決定と合わせて、さらにECサイト“エビテン[ebten]”で『ウォッチドッグス2』プレイステーション4版のコレクターズエディション発売が決定しました!
 本作の主人公であるマーカスのフィギュアに、ハッカー集団“デッドセック”が銘打たれたキャップ&フェイスマスク、ラップトップに貼れるステッカーなど、内容はとにかく豪華。しかも、シーズンパスと多彩なスキンなどが入ったデジタル特典も同梱という充実っぷり。さらに、初回特典には追加シングルミッションのダウンロードコードが付いています!
 もうひとつ、マーカスの仲間でデッドセックのメンバー“レンチ”(個性的なマスクとベストが印象的なアイツです)の公式フィギュアが付いた超豪華版も発売されます。世界が期待する『ウォッチドッグス2』のコレクターズエディションが手に入るのは、エビテンだけ! 週刊ファミ通2016年7月21日号(2016年7月7日発売)掲載のユービーアイソフト特集もチェックして、どんどん予約しちゃってください!!

■商品名:ウォッチドッグス2 PS4版 コレクターズエディション 【エビテン限定・初回特典付き】
販売価格:19980円[税込](18500円[税抜])
発売日:2016年12月1日
商品情報はコチラ

【コレクターズエディション内容】

・同梱デジタル特典
シーズンパス:発売後に配信予定のダウンロードコンテンツが入手できます。
デラックスパック:ストリートアートテーマのパック、パンクテーマのパック、
衣装や車両、ドローン、武器用のスキンなどを含みます。

【初回特典】
・「ゾディアックキラー追加ミッション」ダウンロードコード
マーカスが活躍する追加シングルミッション。招かれざるサンフランシスコの幻影が、50年を経て再び姿を現した。殺人者はまるで60年代の悪名高いゾディアックキラーの模倣者である。警察と報道機関をあざ笑うかのように、犠牲者の死体をまるで何かのメッセージのように、オークランドのあらゆる場所から見えるようにした。この模倣者の残したメッセージを解読し、捕らえろ。
報酬:エクストラアーバンプリズン装備(仮称)

■商品名:ウォッチドッグス2 PS4版 コレクターズエディション+レンチ フィギュアセット【エビテン限定・初回特典付き】
販売価格:24948円[税込](23100円[税抜])
発売日:2016年12月1日
商品情報はコチラ

※「レンチ」フィギュアは単品でも購入可能です。
商品名:ウォッチドッグス2 レンチ フィギュア 【エビテン限定】
販売価格:6264円[税込](5800円[税抜])
発売日:2016年12月1日
商品情報はコチラ

■ゲーム紹介
 『ウォッチドッグス2』は、『ウォッチドッグス』のIPを手掛けたオリジナルのクリエイティブチームが2年以上の歳月を費やして開発したゲームです。データセキュリティーやプライバシー、ハッキングはいままで以上に現代社会において深刻な問題となり、『ウォッチドッグス』のIPでは2014年に発売された第1作目以来、こうしたテーマを追求してきました。『ウォッチドッグス2』では、プレイヤーも遭遇するかもしれない問題とリンクする仮想の環境で、マーカス・ホロウェイとしてサンフランシスコ・ベイエリアを探索しながら、ハイクオリティなエンターテインメントを体験できます。
 舞台となるのは、サンフランシスコ・ベイエリアをモデルにした広大かつダイナミックなオープンワールドの環境です。ここは街のインフラをネットワークで繋ぐ最先端のオペレーティングシステム“ctOS 2.0”を導入した新しい都市であり、“ctOS2.0”は悪用されれば、一般の市民を強引に操作して誘導する危険を秘めています。
 この技術革新発祥の地で、プレイヤーは頭脳明晰な若きハッカー、マーカス・ホロウェイとしてプレイします。彼はctOS2.0の予測アルゴリズムによって、犯してもいない犯罪の濡れ衣を着せられた被害者です。ctOS2.0を完全にシャットダウンさせるというマーカスの目的にとって、ハッキングは究極の武器であり、街のインフラだけでなく、すべての人間とその人物が所持する接続されたデバイスにハッキングして予測不能の事態を引き起こせます。
 ドローン、クルマ、セキュリティロボットなどを自在にコントロールする能力を駆使して、ステルスハッキングで誰ひとり殺さずにミッションを遂行するか、銃に頼ってより攻撃的なアプローチを選択するかは、プレイヤー次第です。広大なオープンワールドを舞台に、サンフランシスコの曲がりくねった道路で危険なカーチェイスをくり広げながら、ハッキングでほかのクルマをやり過ごすことも、オークランドのにぎやかな近隣地域の屋上を横切ることも、シリコンバレーの先進技術企業のオフィスに侵入することもできます。

【特徴】
 サンフランシスコ・ベイエリアへようこそ。
 すばらしいゲームプレイの可能性を無数に秘めた、広大かつダイナミックなオープンワールドを探索しましょう。交通システムをハッキングして危険なカーチェイスでサンフランシスコの曲がりくねった道を走り抜けることも、オークランド周辺の色鮮やかな屋上を横切ったり、シリコンバレーの最先端企業オフィスに侵入することもできます。技術革新発祥の地には、まだ明かされていない秘密が数多く眠っています。
●ハッキングが武器
 街のインフラ、接続されたデバイス、個人データベースをハッキングし、ドローン、クルマ、クレーン、セキュリティロボットなどを遠隔操作しましょう。同じように敵や通行人をハッキングし、さまざまな方法で行動を操作して、予測不能の事態を引き起こせます。あらゆる人間、その人物が運転する乗り物、所有する接続デバイスは全てハッキング可能です。
●思いのままにコントロール
 ハッキングとステルスで敵を殺さずにミッションを遂行することも、ハッキングと武器でより攻撃的なアプローチを行うことも可能です。プレイスタイルに合わせてスキルを磨き、ラジコンカー、クワッドコプタードローン、3Dプリント製武器などのハッカーツールを強化しましょう。
●シームレスにフレンドと繋がろう
 まったく新しいシームレスなマルチプレイ体験で、いつでもフレンドと繋がりましょう。協力プレイや対戦型アクティビティも、すべてオープンワールド体験で共有できます。

最終更新:7月7日(木)12時16分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。