ここから本文です

Creepy Nuts、R-指定のど不調でライブ2本キャンセル

音楽ナタリー 7月7日(木)10時47分配信

Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)のR-指定が、のどの不調により1週間のドクターストップを受け、イベント出演2本をキャンセルすることがアナウンスされた。

Creepy Nutsはオフィシャルサイトにお詫びとお知らせ文を掲載。彼らが出演を断念したのは、本日7月7日に大阪・Shangri-Laで開催されるイベント「ATMC2016 ~Tanabata Session~」と、7月10日に愛知・RAD HALLで行われるモーモールルギャバンの対バンツアー「Dr.パンティーの逆襲!!」で、このうち「Dr.パンティーの逆襲!!」はモーモールルギャバンのワンマン形式に変更となる。

ATMC2016 ~Tanabata Session~
2016年7月7日(木)大阪府 Shangri-La<出演者>フレンズ / Helsinki Lambda Club / ナードマグネット / 空きっ腹に酒DJ:SHIGE & VJ:MAR(onion night!)

モーモールルギャバン「Dr.パンティーの逆襲!!」名古屋公演
2016年7月10日(日)愛知県 RAD HALL<出演者>モーモールルギャバン

最終更新:7月7日(木)10時47分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。