ここから本文です

東出昌大&池松壮亮&菅田将暉がUSJにサプライズ登場! 「デスノート・ザ・エスケープ」を体験

cinemacafe.net 7月7日(木)18時30分配信

映画『デスノート』誕生から10年となる節目に、正当な続編として「6冊ルール」を初適用し放たれる『デスノート Light up the NEW world』。この度、7月1日よりユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催されているリアル脱出ゲーム「デスノート・ザ・エスケープ」に、本日7月7日(木)、映画に出演する東出昌大、池松壮亮、菅田将暉が3人揃って初めて集結。特別に招待されたゲスト約100人の前にサプライズ登場し会場を沸かせた。

【写真】リューク/『デスノート Light up the NEW world』

「デスノート・ザ・エスケープ」は、「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」のリアル脱出ゲームとして登場し、『デスノート Light up the NEW world』の前日譚にあたるオリジナルストーリーとして注目を集めている。アトラクション内では、新たなキラの脅威に巻き込まれたゲストの前に、名探偵L(=エル)が独特の方法で登場。「DEATH NOTE」の世界さながらに極限の頭脳戦のなか、数々の謎を解き明かさなければいけない。その結果参加ゲストは、劇場版最新作へ続く濃密なストーリーを体験することになる。

この日、「デスノート・ザ・エスケープ」のフィナーレ直後に突然、出演俳優である東出さんら3人が揃ってサプライズでステージ上に登場すると、アトラクション体験後のゲスト約100名は大興奮! その後のトークセッションでは、本アトラクションについて、デスノートの魅力、映画との連動性、脱出ゲームのエンターテイメント性に触れつつ感想を語り合った。 そして、サプライズイベントの最後には、リュークがユニバーサル・スタジオ・ジャパンから飛び去る映像が写し出されると同時に、黒と白の大量の羽根がゲストの頭上に降り注ぎ、リュークが本当に自分の頭上を飛び去ったような空間となっていた。

アトラクションを体験した3人は「すごく楽しかった! このアトラクションは伏線の数がすごい!」(東出さん)。「すごく楽しかった。すごく良くできていました。脱出ゲームを経験したことがなかったのでアトラクション気分で入ったら大間違いだった」(池松さん)。「映画とリンクしていてよくできているなぁと思った。深く考えるのが好きで腕試ししたい僕みたいな人がターゲットで楽しめると思う。太ももパンパンですよ! 最後の3分間くらいはダッシュでした。正直めちゃくちゃ楽しかった!」(菅田さん)。と3人とも興奮気味に感想を語った。

また、東出さんは最初は「割と早くクリアするんじゃない?」と話していたそうだが、「最後は全力疾走でした」と明かし、そして「菅田さんがグングン引っ張って行ってくれました。僕らはチームワークが良かった」と存分に堪能したようだ。さらに池松さんは「ここに来た後にそのまま映画を見に行くのも楽しいでしょうし、ぜひ2つ合わせて楽しんでいただけたら」とメッセージを寄せた。

「デスノート・ザ・エスケープ」は、7月1日(金)~9月4日(日)までの期間限定開催。

『デスノート Light up the NEW world』は10月29日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:7月7日(木)18時30分

cinemacafe.net