ここから本文です

【七夕賞】アルバートドックしまい伸びた 鞍上・戸崎圭に高まる期待

デイリースポーツ 7月7日(木)6時59分配信

 「七夕賞・G3」(10日、福島)

 軽快なフットワークだ。アルバートドックが6日、栗東CWで最終リハ。酷暑を考慮してラストを伸ばす調整だったが、6F85秒7-38秒9-12秒2とシャープに動いた。「最後もしっかりとハミを取ってくれたし、相変わらず調子はいいですね」と手綱を取った野見山助手はうなずく。

 前走後はここに照準を絞って調整。ごちゃついて消化不良に終わったエプソムC7着からの巻き返しを狙うべく、反撃の牙を研いできた。「前走はもう一つ前のポジションで競馬ができれば良かったんですが…。ただ、この馬自身は馬込みを気にしないので小回りでも問題はない。そのあたりはジョッキーが考えて乗ってくれると思います」と同助手は期待を寄せる。

 新コンビとなる戸崎圭は現在、JRA99勝で全国リーディングのトップを快走中。先週もゼーヴィントでラジオNIKKEI賞を制した。心強いパートナーを得たディープインパクト産駒が、小倉大賞典以来の重賞2勝目を決める。

最終更新:7月7日(木)8時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ