ここから本文です

ハム大谷月間MVPも“二刀流”目指す!栗山監督が野手でも獲得指令

デイリースポーツ 7月7日(木)7時0分配信

 プロ野球セ・パ両リーグは6日、6月度「日本生命月間MVP賞」を発表した。セの投手部門は球団32年ぶりの11連勝に貢献した広島・野村祐輔投手(27)が初受賞。打者部門はヤクルト・山田哲人内野手(23)が5度目の受賞。5度目の受賞はラミレス(現DeNA監督)と並び球団タイ記録。パの投手部門は日本ハム・大谷翔平投手(22)が2度目の受賞。打者部門はロッテ・田村龍弘捕手(22)が初受賞。パ捕手の月間MVP受賞は、04年の城島(ダイエー)以来。球団では92年の青柳以来となった。

 昨年3、4月度以来、投手で2度目の受賞となった大谷が、次なる狙いに野手での受賞を定めた。「どの試合もすごく活躍できてうれしい。試合でやりたいことができた」と喜びをかみ締めた大谷。野手での獲得意欲を問われ「出場数が足りないので難しいかもしれないけど、それくらいの活躍ができればチームも上にいける」と色気を見せた。

 常々、投打両面で結果を残せとゲキを飛ばす栗山監督も、野手での月間MVP獲得指令を出した。「2つで獲ってほしいよ。打席の半分でホームラン打ったら獲れるよね」。6月は4試合に先発して無傷の4勝。野手としては34打数9安打、打率・265、本塁打ゼロだったが、今後のアーチ量産は可能とみている。

 次回10日のロッテ戦が前半戦最後の登板となる見込み。「首位との差が縮まってきている。一試合一試合、大事にして頑張りたい」と大谷。大車輪の活躍を果たし、史上初となる投打での月間MVP獲得を狙う。

最終更新:7月7日(木)9時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]