ここから本文です

金本監督 試合開始即怒カ~ン…異例開始13分で円陣 初回に上本&鳥谷連続三振

デイリースポーツ 7月7日(木)7時0分配信

 「巨人3-1阪神」(6日、東京ドーム)

 ネジを巻く…もはやそんな表現はあてはまらない。試合開始13分、阪神・金本知憲監督(48)の怒りは沸点に達した。二回の攻撃前、選手をベンチ前に集め、怒気を隠すことなく猛ゲキを飛ばした。

 「最初から、1打席目から、九回2死満塁くらいの気持ちでいけよ。そうすれば、ああいう三振は起きないだろう。しっかり相手に向かっていけ」

 プレーボール間もない攻撃が淡泊に映り、堪忍袋の緒が切れた。立ち上がりの田口に対し、先頭打者の上本は3球三振を喫したが、その内容に戦闘意欲を感じ取れなかった。選手会長は初球、2球目と130キロ台の直球を見逃し追い込まれると、最後は内角の変化球に空を切った。続く鳥谷もカウント2-2から139キロのボール球に手を出し三振。ヨーイドンで消沈したムードをたたき起こそうと痛烈にムチを入れた。

 「初回の三振を見たら分かるでしょ。終盤になってやっと点を取るというパターンが多いから…」

 前カードは名古屋で負け越し、巨人にも連敗を喫した。試合後、4分20秒の会見は終始冷静を装ったが、行間に憤りをにじませた。前夜は全盛期に及ばない内海に六回まで0封を許し、「どうすればいいのか…」と嘆いたが、この日は攻撃陣の姿勢を問うた。何が何でもの気持ちで打席に入れば、それはベンチに伝わる。だから「九回2死満塁の…」と、あえて崖っぷちの気概を例えに持ち出した。

 「選手たちは、何とかしようという気持ちがないことはないと思うけど、それをどれだけ出すかだと思う。どういう気持ちで打席に立てばいい結果が出るのか、チャンスで打てるのか。それを探さないと…」

 三回に福留の二塁への内野安打で先制したが、計9安打を浴びせながら得点はこの1点のみ。この夜広島が中日に敗れ、自力優勝の可能性はかろうじて残ったものの、借金は10まで膨らんだ。2桁の負け越しは、5位に沈んだ和田政権初年度の12年以来。金本監督が強調するのは、数字よりも気持ち。心が折れた時点で逆襲の機運は遠のく。

最終更新:7月7日(木)7時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]