ここから本文です

単身高齢者世帯の生活保護 増加顕著

エコノミックニュース 7月7日(木)10時23分配信

厚生労働省がまとめたところによると、4月時点での生活保護受給世帯、受給者ともに、3月より減った。こうした中、高齢者世帯、特に単身世帯での受給者の増加が目立っている。

 厚労省によると、生活保護世帯は163万2271世帯となり、前月より3122世帯減った。ただ、前年同月比では1万1347世帯増加している。一方、生活保護受給者は215万877人と前月より1万3277人減少。前年同月比でも1万2537人減少した。

 世帯状況別にみると、前月に比べ減少したのは傷病者・障害者世帯で3305世帯減り42万9862世帯。母子世帯も1441世帯減り9万9483世帯、その他の世帯が1945世帯減り26万4227世帯になっていた。

 一方、高齢者世帯では2人以上の世帯では113世帯増えて7万8812世帯。単身世帯は3743世帯増えて75万1700世帯になった。高齢者世帯が生活保護世帯の51.1%を占めた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:7月7日(木)10時23分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]