ここから本文です

ユアン・マクレガー×スパイ小説の巨匠『われらが背きし者』公開決定

cinemacafe.net 7月7日(木)20時15分配信

ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ、トム・ハーディら豪華共演で話題を呼んだ『裏切りのサーカス』の原作者として知られる、スパイ・サスペンス小説の巨匠ジョン・ル・カレ。彼の著書を原作に、英国を代表する名優ユアン・マクレガーが主演を務めた映画『Our Kind Of Traitor』の邦題が、原作本と同じ『われらが背きし者』に決定。10月21日(金)より全国公開されることになった。

【写真】ユアン・マクレガー

モロッコでの休暇中、英国人の大学教授ペリーとその妻ゲイルは、偶然知り合ったロシア・マフィアのディマから、組織のマネーロンダリング(資金洗浄)の情報が入ったUSB をMI6(イギリス秘密情報部)に渡して欲しいと懇願される。突然の依頼に戸惑う2人だったが、ディマと家族の命が狙われていると知り、仕方なく引き受けることに。しかし、その日をきっかけに、夫妻は世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく…。

平凡な大学教授とその妻、組織を裏切ったロシア・マフィア、復讐に燃えるMI6が織りなす緊迫のスパイ・エンタテインメントとなる本作。原作は、元MI6 という経歴を持つスパイ・サスペンス界の巨匠ジョン・ル・カレの大人気小説だ。

主人公の平凡な大学教授、ペリーを演じるのは、『トレインスポッティング』でスターの仲間入りを果たして以降も、『スター・ウォーズ』新3部作に抜擢され、『ゴーストライター』でヨーロッパ映画賞最優秀男優賞を受賞するなど、第一線で活躍するユアン・マクレガー。その妻・ゲイルには『007 スペクター』のナオミ・ハリス。また、組織を裏切ったロシア・マフィアのディマには、『ドラゴン・タトゥーの女』や『アベンジャーズ』シリーズなどで知られ、“新ターザン”アレクサンダー・スカルスガルドの実父でもあるステラン・スカルスガルド、復讐に燃えるMI6 のヘクターには人気海外ドラマ「HOMELAND/ホームランド」のダミアン・ルイスと、名立たる実力派俳優が勢揃い。

監督を務めるのは、カンバーバッチ主演「パレーズ・エンド」などのTVドラマを中心に活躍するスザンナ・ホワイト。そして、脚色を務めるのは、『ドライヴ』のホセイン・アミニ。あのパナマ文書にも通じる、国家を揺るがす大事件を背景に、ロシア、モロッコ、イギリス、フランス、スイスなどの世界を股に掛け、友情、裏切、復讐、愛などが複雑に絡み合う人間ドラマを、スリリングかつエモーショナルに描き出していく。

『われらが背きし者』は10月21日(金)よりTOHO シネマズ シャンテほか全国にて公開。

最終更新:7月7日(木)20時15分

cinemacafe.net