ここから本文です

「刃牙」シリーズ、25周年記念でアニメ化ッッ!! オリジナルアニメDVDで

ねとらぼ 7月7日(木)0時7分配信

 週刊少年チャンピオンで連載中の人気格闘マンガ「刃牙」シリーズが3度アニメ化ッッ! 12月6日発売予定の「刃牙道」コミックス14巻に、オリジナルアニメDVD付き限定版も用意されることが発表されました。わたしを……期待させる気かァッッ!

【連載25周年記念を記念したビッグプロジェクト!】

 同作は板垣恵介さんが1991年から週刊少年チャンピオンで連載する格闘漫画。異母兄弟である兄との激闘や、敗北を知るべく集まった死刑囚との闘い、中国拳法の達人たちの集まる大会での闘い、ティラノサウルスを捕食していた古代最強の人類との闘いを経て、「地上最強の生物」の父親に挑むまでに成長。史上最強の親子喧嘩と呼ばれる刃牙VS勇次郎を経て、現在はクローン技術と霊媒師の力でよみがえらせた天下一の剣豪・宮本武蔵が主人公を差し置いて無双しています。

 コミックスはシリーズ累計6300万部の同作は過去に2度アニメ化。OVAでは物語の序盤をピックアップした内容。テレビシリーズでは幼年編からスタートし、地下闘技場編や最大トーナメント編が描かれました。いずれも作品の第1部に当たる内容で、本編の第2部「バキ」、第3部「範馬刃牙」、第4部「刃牙道」は未映像化です。

 7月7日発売の「週刊少年チャンピオン」32号で発表された25周年記念のアニメ化企画。オリジナルアニメDVD限定版は完全受注生産で価格は税別3880円。オリジナル、という部分が本編のアニメ化ではない気もしますが、どんな内容になるか注目されます。

最終更新:7月7日(木)0時7分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。