ここから本文です

創価大・田中正義ブルペン27球 巨人など視察…右肩炎症から復帰へ

デイリースポーツ 7月7日(木)7時0分配信

 今秋のドラフトの目玉で右肩炎症からの復帰を目指す創価大の156キロ右腕、田中正義投手(4年・創価)が6日、東京・八王子の同校グラウンドでブルペン投球を披露した。

 この日は捕手を片膝立てにして27球。6月28日の初ブルペンからこれが5度目で「納得のいくボールもあった。現段階ではプラン通り来ている。痛みもない。7月にある程度の球数を投げて、リーグ戦のイメージができればいい」。9月初めに開幕する東京新大学秋季リーグ戦での復活を視野に入れた。

 4月23日の共栄大戦で2回で降板後、約1カ月間はノースロー。昨年末にウエートトレーニング量を減らしたことで肩回りの筋肉が落ち、肩関節が動きすぎたのも故障の一因とあって、この間に肩の筋力を強化。岸雅司監督(60)も「肩回りの筋肉が全然違ってきた」と強調する。

 この日は、巨人などのスカウトが視察。日本ハムの今成スカウトは「(ベストに)戻りつつある。まだ6、7割だろうが、見た感じで144キロぐらい出ている」と話した。

最終更新:7月7日(木)7時51分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]