ここから本文です

人口増や出生力向上協力 相馬市と相双五城信組が協定

福島民報 7月7日(木)11時37分配信

 相双五城信用組合(本部・福島県相馬市)は6日、相馬市と地方創生に関する包括連携協定を締結した。同信組が自治体と協定を結んだのは初めて。
 市が策定した地方創生総合戦略に掲げる「人口増加」「婚姻率の向上」「出生力の向上」などの実現に協力する。
 協定締結式は市役所で行われた。立谷秀清市長と相双五城信用組合の梅沢国夫理事長が協定書を交わし、相互協力に向けてあいさつした。締結を記念し、同信組は市に10万円を寄付した。

福島民報社

最終更新:7月7日(木)11時42分

福島民報