ここから本文です

神木隆之介、上白石萌音から「男女の垣根を超えた演技」と絶賛され大テレ!

cinemacafe.net 7月7日(木)21時1分配信

『秒速5センチメートル』、『言の葉の庭』の新海誠監督の最新アニメーション映画『君の名は。』の完成披露試写会が7月7日(木)に開催され、新海監督をはじめ、声優を務めた神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、谷花音が舞台挨拶に登壇した。

【写真】神木隆之介/『君の名は。』完成披露試写会

東京で暮らす瀧と山間の田舎で暮らす三葉。夢の中でお互いの心と体が入れ替わるという奇妙な現象を通じて、惹かれあっていく2人の運命を描く。

神木さんら登壇陣は涼しげな浴衣姿で登場。神木さんは、新海監督作品について「僕自身、大ファンだった」と語り、念願かなって声優として出演できたことについて「信じられないです! 信じられないくらい嬉しい! ここに立てることが幸せです」と満面の笑み浮かべる。

この日の舞台挨拶は全国の劇場で中継されており、上白石さんは故郷の鹿児島の映画館で観ている地元の観客に向けて、鹿児島の方言で挨拶し会場をわかせた。長澤さんは、神木さん演じる瀧のバイト先の憧れの先輩を演じたが「しっとりと大人っぽく、でも茶目っ気もある先輩を演じられたと思います」とほほ笑む。花音ちゃんは「何回も見たくなる映画だと思います!」と作品の魅力をアピールしてくれた。

神木さんと上白石さんは、体が入れ替わるということで、神木さんは自身の声で女性の三葉を、上白石さんは瀧を演じなければならず、2人とも「難しかったです!」と声をそろえる。神木さんは「やり過ぎてもだめだし、バランスをとらなくてはならず、しかも声だけで表現しないといけなくて…」とその難易度の高さを語る。

上白石さんは「神木さんは(三葉を演じるときも)完璧で、私の三葉よりも何百倍もかわいかったです。私は監督に『もうちょっとかわいく』『もう少し女の子らしく』と言われて…(苦笑)。男女の垣根を越えて、演じられるのが神木さんなんだと感動しました!」と語り、後輩女優からの大絶賛に神木さんは大照れだった。

もしも瀧と三葉のように性別の違う人間の体と入れ替わったら? という質問に上白石さんは「(バスケットボールの)ダンクシュートを決めたい!」と語り、神木さんから「それは男子でもなかなかできないですから!」と突っ込まれていたが、その神木さんは「カラオケに直行!」とのこと。「女性ボーカルを歌い尽くしたいです!」と願望を明かした。

舞台挨拶の最後に、それぞれ七夕の願いを書いた短冊を発表したが、花音ちゃんの「今年こそ泳げるようになりたい」という願いに、「23歳にして泳ぎが苦手」という神木さんがアドバイス! 「シュノーケルって知ってる? それをつけると泳げるよ」と奇跡の恋愛ファンタジーの上映直前にまさかの夢のない回答で会場は笑いに包まれていた。

最後に神木さんは「ここに来て良かったと思える作品になってます」と自信をのぞかせ、新海監督は「すべての思春期の人に向けて作りました」と期待を込めた拍手とともに舞台挨拶は幕を閉じた。

『君の名は。』は8月26日(金)より公開。

最終更新:7月7日(木)21時1分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。