ここから本文です

ワイン作りに情熱注ぐ父子の絆描く仏映画「ブルゴーニュで会いましょう」公開

映画ナタリー 7月7日(木)12時0分配信

老舗ワイナリーを営む家族の再生を描いたフランス映画「First Growth(英題)」が、「ブルゴーニュで会いましょう」の邦題で公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作の舞台は、世界的に有名なワイン産地であるフランス・ブルゴーニュ地方。20歳のときにブルゴーニュを離れパリで著名なワイン評論家となったシャルリのもとに、実家のワイナリーが倒産の危機を迎えているという話が飛び込んでくる。帰郷しワイナリー再建を決意するシャルリだが、長らく疎遠になっていた父親との溝はなかなか埋まらない。しかし、ぶつかり合いながらも父子はいつしか互いに手を取り、最高のワインを作り出そうとする。

家族を愛しながらも素直になれない父を演じるのは、「そして友よ、静かに死ね」のジェラール・ランヴァン。「パリ、ただよう花」などに出演し、「イヴ・サンローラン」で監督としても評価を受けたジャリル・レスペールがシャルリ役を務めた。

「ブルゴーニュで会いましょう」は11月19日より東京のBunkamuraル・シネマほかにて公開。



(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS - SND

最終更新:7月7日(木)12時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。