ここから本文です

北米カーオブザイヤー2017、「SUV賞」を新設へ

レスポンス 7月7日(木)15時0分配信

北米カーオブザイヤー主催団体は6月下旬、「2017北米カーオブザイヤー」に、「SUVオブザイヤー」を新たに設定すると発表した。

北米カーオブザイヤーは今回が24度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。年間販売台数は5000台以上が条件となるため、スーパーカーや一部高級車は選考から除外される。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門。今回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門とする。

今回の決定は、ガソリン価格の下落や景気回復を受けて、北米でSUVの販売が伸びていることを受けての対応。3部門のイヤーカーは2017年1月、米国で開催されるデトロイトモーターショー16で発表される。

北米カーオブザイヤー主催団体のMark Phelan代表は、「SUVブームは自動車産業を変えている。顧客はSUVを、仕事から家族の送迎、オフロード走行まで、多彩に使用。北米カーオブザイヤーの審査員は、SUVオブザイヤーを設けることを決めた」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月7日(木)15時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。