ここから本文です

耕平「火祭り」連覇への最難関はフリーの浜

東スポWeb 7月7日(木)16時32分配信

 ゼロワンの世界ヘビー級王者・佐藤耕平(38)が6日、夏の祭典「火祭り」(8日、名古屋で開幕)連覇を誓った。

 都内のゼロワン道場で行われた会見には出場10選手中、8選手が出席。誰よりも熱かったのが耕平だ。「今年は総当たり形式。これまでの中で一番きつい戦いになると思うけど、チャンピオンとして出場するからには優勝したい」と高らかに宣言した。

 最も警戒する選手は6月30日付でW―1を退団し、フリーとして初参戦する225キロの元3冠ヘビー級王者・浜亮太(36)だという。「今までいろいろなしがらみとかあったものが、フリーになったことで好きなように戦える。どう爆発するのか分からない怖さがある」と分析した。

 耕平は2004年と昨年の2回、優勝を経験しているが、過去15大会で連覇を達成した選手は大谷晋二郎(43)と田中将斗(43)の2人のみ(田中は3連覇)。「連覇することで2人と同じステージを目指したい。ベルトの価値も上がるし、ウチに来る他団体の選手も増えると思う」。“火祭り刀”を再び手にして名実共にトップに立つ決意だ。

最終更新:7月7日(木)18時17分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。