ここから本文です

DeNAエリアン 来日1号逆転満塁弾 菊地亜美似の?助っ人どでかい仕事

デイリースポーツ 7月7日(木)9時0分配信

 「DeNA8-7ヤクルト」(6日、横浜スタジアム)

 来日1号は劇的なグランドスラムだった。1点を追う八回、2死満塁。DeNAのエリアン・エレラ内野手(31)がど真ん中の150キロ直球を右翼席中段に運ぶ逆転満塁本塁打。「ホームランになるとは思わなかった。まずは同点にと思っていた」と白い歯を見せた。

 ラミレス監督も驚きを隠せなかった。「期待したのは四球。次にヒット。ホームランは考えていなかったよ」と苦笑する。「人間的に真面目で素晴らしい選手」と評価した。

 家族の存在が支えになっている。6月13日に妻・ステイシーさん(31)が2人の子供とともに来日。「メンタル的に違う。子供ともリラックスしている。妻もあのプレーはいい、よくない、と言ってくれるんだ」と話した。

 実は来日直後から「アイドリング!!!」の元メンバーでタレントの菊地亜美に似ていると話題になった。菊地自身も「ベイスターズのお兄ちゃん」として写真を並べてツイート。エリアンも「常にツイッターをチェックしているよ」と苦笑する。

 「アイドル?興味ないよ。僕には妻がいるからね」とニヤリ。この日は満塁弾の陰で、実は適時失策を含む2失策。「きょうは帰ったら、妻から守備のことを言われると思うよ」。愛妻は、手厳しいようだ。

最終更新:7月7日(木)9時3分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。