ここから本文です

松山五輪辞退でゴルフ界の反応は?

東スポWeb 7月7日(木)16時32分配信

<スポーツ情報局>

 デスク:松山英樹(24=LEXUS)がリオ五輪を辞退して数日たったけど、ファンやゴルフ界内の反応はどうなんだ?

 ゴルフ担当記者:発表のタイミングはともかく、ある程度予想されていたことなので、静かなものです。現時点で2番手の谷原秀人(37=国際スポーツ振興協会)も辞退しましたが、日本ゴルフ協会や日本ゴルフツアー機構、2人の母校である東北福祉大にも、一般の問い合わせが殺到なんて事態にはなってません。

 デスク:五輪辞退なんて、他の多くの種目ではほぼあり得ないことなんだけどな。

 記者:日本代表のキャディーバッグを準備しているダンロップスポーツにも話を聞きましたが、選手の個人名はまだ入っていないので、特に影響はないそうです。

 デスク:ダンロップは松山の契約メーカーでもあるんだろ。ビジネスへの影響はどうなっているんだ?

 記者:「初めてのこと(ゴルフは112年ぶりに五輪競技復活)なので比較のしようがない。五輪でゴルフが行われることがどう影響するのかすら終わってみないと分からない」と…。五輪は制約があり過ぎて、選手個々のスポンサーにとってはメリットが大きいわけではないですからね。

 デスク:ファンも含めて五輪に対しては当初からさめた見方が多かったのかもな。プロにしてみれば賞金も出ない大会なわけだし。

 記者:ローリー・マキロイ(27=英国)の推定年収は45億円、松山も10億円を超えています。金メダルに加えて、1億円や2億円の賞金があったとしても、状況が大きく変わったとは思えませんけどね。

最終更新:7月7日(木)17時21分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]