ここから本文です

ロータス エリーゼ に246馬力の「カップ250」…生産開始

レスポンス 7月7日(木)20時15分配信

英国のスポーツカーメーカー、ロータスカーズは6月下旬、『エリーゼ カップ250』の生産を英国本社工場で開始した。

画像:ロータス エリーゼ カップ 250

同車は、従来の『エリーゼ カップ220』の後継モデルとして2016年3月、ジュネーブモーターショー16で初公開。史上最速の『エリーゼ』を目指して開発され、年間200台を上限に、限定生産される。

ミッドシップに搭載されるトヨタ製の1.8リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、大容量スーパーチャージャーで過給。この結果、最大出力246ps/7200rpm、最大トルク25.5kgm/3500-5500rpmを引き出す。

トランスミッションは6速MT。車両重量は931kg。エリーゼ カップ250は、0-100km/h加速4.3秒、最高速248km/hの優れたパフォーマンスを実現する。

外観は、エアロダイナミクス性能を向上させるボディキットを装着。足回りには、エリーゼ カップ220から継承されたビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製スプリングを組み込む。ブレーキは、フロントがAPレーシング、リアがブレンボ。ヨコハマ製のAO48タイヤが装着された。

6月下旬、ロータスカーズの英国本社工場から、エリーゼ カップ250の量産第一号車がラインオフ。同社のジャン マルク・ゲールズCEOは、「我々は基準を再び引き上げた。エリーゼ カップ250は、ロータスならではの軽量さを具現化したモデル」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月7日(木)20時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]