ここから本文です

映画「トンネル」出演のペ・ドゥナ、共演ハ・ジョンウは「存在自体が衝撃的…良い人! 」

WoW!Korea 7月7日(木)13時10分配信

韓国女優ペ・ドゥナが、映画で共演した俳優ハ・ジョンウに対し、称賛を惜しまなかった。

【画像】映画「トンネル」の制作報告会

 ペ・ドゥナは7日午前、江南区(カンナムグ)新沙洞(シンサドン)CGV狎鴎亭(アックジョン)で開かれた映画「トンネル」の制作報告会に出席し、「初めて(ハ・ジョンウに)会った日はリーディング(台本読み)をしたのだが、存在自体が衝撃的だった」と振り返った。

 続けて「考え自体が特別。コンセプト会議をした際、扮装が陥没したように映ればいいな、と意見を出すハ・ジョンウを見て”この方、なんだろう”と思い、カルチャーショックを受けるほど創意的だった」とし、「誰かを笑わせるのは、とても大変なこと。エネルギーを必要とすることだが、(ハ・ジョンウは)本当に良い人だと感じた」と語った。

 ペ・ドゥナの話を聞いたハ・ジョンウは「ギャグを飛ばしたときの反応が人と違う。ペ・ドゥナのリアクションが僕のユーモアを育ててくれた」と称賛し返すコメントで、会場を沸かせた。

最終更新:7月7日(木)13時10分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。