ここから本文です

松岡修造 途中棄権の錦織に「また輝くときがくる」とエール

デイリースポーツ 7月7日(木)13時47分配信

 元プロテニス選手でタレントの松岡修造が7日、都内で自身がブランドキャラクターを務める「C.C.レモン“修造おみくじ”付ボトル」の発売記念イベントに参加。かつての教え子で、ウインブルドン選手権の4回戦で左脇腹の故障による途中棄権で敗退した錦織圭に、「太陽も沈むときがある。圭もまた輝くときがくる」などとエールを送った。

【写真】修造プリプリ!?子供たちに水襲撃され会見不能「水やめろ!」「ふざけんなー!」

 イベントでは「C.C.レモン」発売元のサントリー社に、松岡が「無理やり作ってもらった」という、おみくじ付きのペットボトルを紹介。

 飲んだ後に中をのぞくと、さまざまな種類の「大吉」と、修造日めくりカレンダーにも使用されている「哲学を入れた」メッセージが見える。

 この日は一般参加者で足首のケガで悩んでいるという学生ラガーマンが「太陽大吉」のおみくじを引き、松岡はとっさに「太陽は昇っているときばかりじゃない。沈んでいるときもある。今の錦織圭も、いつかはまた輝く」と語って、学生を元気付けた。

 松岡はまた、「俺もケガのオンパレードだった」と自身の現役時代を振り返り、「圭も言っていたが、ケガをすればするほど強くなる」と加えた。

 この日は自身が作詞したという「♪元気をあげるC.C.レモン」というマーチソング2016年版も歌い踊って披露。ペットボトル以外にも、利用者のスマホに松岡からの「今を見ろ、後ろなんか見るな…」となどという絶叫メッセージが返ってくる企画も紹介された。

最終更新:7月7日(木)16時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。