ここから本文です

『ドラゴンボール ゼノバース2』本日7月7日、ニコニコ生放送にてゲーム最新情報が公開!

ファミ通.com 7月7日(木)15時11分配信

●ゲーム紹介や実機プレイなど、注目情報をお届け!
 バンダイナムコエンターテインメントから2016年発売予定のプレイステーション4用ソフト『ドラゴンボール ゼノバース2』について、本日2016年7月7日21時よりスマートフォン向けゲーム『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』とともに、ニコニコ生放送で最新情報が公開される。

 以下、リリースより。

----------

番組名:『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』『ドラゴンボール ゼノバース2』合同生放送!
日時:2016年7月7日(木) 21:00~23:30(予定)
※配信の開始・終了時刻は当日の進行で変更になる可能性がございます。
配信先URL http://live.nicovideo.jp/watch/lv268246087(⇒こちら)

■概要
バンダイナムコエンターテインメントの『ドラゴンボール』タイトルが合同でニコニコ生放送!
『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』『ドラゴンボール ゼノバース2』
2 タイトルのゲームチャレンジで熱くなれ!最新情報も公開!?

『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』
・7月の「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」最新情報!
⇒新レアリティ「LR」と「DOKKAN フェス」新キャラクター紹介!驚きの強さを実演!
⇒初回ログインで「龍石」最大108個!?2大キャンペーン実施中!その他のキャンペーンも紹介!
・最強ゲームチャレンジ!
⇒最新の「超べジット」「伝説の超サイヤ人ブロリー」超激戦に挑戦!
⇒さらに「超強襲」イベントにも挑戦…?チャレンジ成功でユーザー様に報酬プレゼント!
・今後の展開を紹介!
⇒最新の開発資料を入手!今後の「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の更新情報がわかる!?

『ドラゴンボール ゼノバース2』
・初めての人でも安心!1 分で分かる「ドラゴンボールゼノバース」!!
⇒そもそもドラゴンボールゼノバースってどんなゲーム?いまさら人に聞けないゲーム概要を簡単に教えちゃうぞ!
・さらなる進化を遂げた「ドラゴンボールゼノバース2」!
⇒「ドラゴンボールゼノバース」を知った上で、今作の魅力・進化したポイントを徹底追及するぞ!
・「JAPAN EXPO」最新情報!
⇒パリで開かれる「JAPAN EXPO」で解禁される情報を、国内で最速公開!あのキャラクターも遂に参戦!?本作の最新情報を見逃すな!
・実機ゲームプレイ初お披露目
⇒ロサンゼルスで開かれた「ANIME EXPO」でも出展された試遊ROM を国内初お披露目!PS4 クオリティでさらに進化したバトルを体験するぞ!

■出演者
特別ゲスト ビクトリー・ウチダ(V ジャンプ編集部)
MC ガッチマン

ドッカン藤木(「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」広報担当)
グレート・ツヅキくん(「ドラゴンボール ゼノバース2」開発担当)


■「ドラゴンボール ゼノバース2」とは

「変えたい歴史がある。」
ドラゴンボールの過去・未来あらゆる歴史に入り込み、
悟空やベジータと共に新たな敵に立ち向かえ!
 ワールドワイドで累計出荷本数380万本を突破した「ドラゴンボール ゼノバース」の第2作目がPS4で2016年発売予定!
 プレイヤー自身が分身となるキャラクターを駆使して、ドラゴンボールの世界で悟空やベジータと共闘できるという新しい体験や、臨場感のあるバトル、他プレイヤーとのオンライン協力・対戦といった前作「ドラゴンボール ゼノバース」のコンセプトは踏襲しつつも、さらにパワーアップし、前作ではなかった新しい体験や遊びが詰まった本作。
 前作よりも、さらに広大で装いも新たになった街を舞台に、「タイムパトローラー」となり、ドラゴンボールのキャラクター達と共に新たな敵に立ち向かえ!
 また、全世界のプレイヤー達とコミュニケーションを取ることができ、プレイヤー同士でバトルを楽しんだり、それぞれ役割分担し互いに協力をしてボスを倒すという、新たな遊び方も体験できるぞ。
 さらに、プレイヤー自身の分身となるアバターやバトルスタイルのカスタマイズの範囲も大幅に拡大。プレイヤーそれぞれの特性を活かした、より戦略的なバトルが楽しめる!

■「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」とは
 「ドラゴンボール」に登場する様々なランドマークを巡り冒険します。ワールドマップからエリアを選び、すごろくマップへと繰り出していきます。マップ上で敵と遭遇することでバトルへと進行します。ドッカンバトルならではの超スピードのバトルを体感できます。

最終更新:7月7日(木)15時11分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。