ここから本文です

小籔千豊、千鳥が夢追い人の人生リセット提案、土肥ポン太は天使に

お笑いナタリー 7月7日(木)13時50分配信

明日7月8日(金)深夜、小籔千豊、千鳥、土肥ポン太が出演する「人生リセットのすゝめ 決断するなら早いうち」(ABC)が放送される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この番組は、人生の岐路に立ってさまよう“夢追い人”に人生のリセットを提案するバラエティ。小籔が人生リセット案内人として、スタジオで千鳥らとさまざまな意見を交わす。千鳥ノブは自身の経験を振り返り「19歳で就職したけど、20歳で大悟に人生をリセットされて芸人になった」と告白。これを受けて大悟は「ワシは小籔さんよりも前に人生リセット案内人をやった」と話して一同を笑わせる。

夢追い人として登場するのは、コスプレ大道芸人のウメダルイスと、アイドルを目指す鶴梁カルラ。大悟はウメダルイスの仕事とプライベートに密着したVTRを観て「大道芸人以前の問題!」と呆れ、そのダメさを指摘する。そんなルイスを助けようと土肥ポン太が天使に扮して登場し、「彼には壮大な夢がある!」とアピールする場面も。夢追い人たちの決断を、芸人たちのトークとあわせて見届けよう。

人生リセットのすゝめ 決断するなら早いうち
ABC 2016年7月8日(金)24:24~25:28<出演者>小籔千豊ゲスト:室井佑月 / 千鳥 / 柳ゆり菜 / 土肥ポン太夢追い人:ウメダルイス / 鶴梁カルラ進行:桂紗綾(ABCアナウンサー)

最終更新:7月7日(木)13時50分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。