ここから本文です

生駒里奈 舞台「こち亀」出演に歓喜「鼻血が出るほどうれしい」

東スポWeb 7月7日(木)18時59分配信

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の生駒里奈(20)が七夕の7日、東京・葛飾区亀有の香取神社で短冊飾りを行った。

 これは連載40周年を迎えた大人気マンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の舞台版のヒットを祈願したイベント。本作が連載されている「週刊少年ジャンプ」(集英社)の熱狂的読者だという生駒は「鼻血が出るほどうれしい」と大喜びし「実力を伸ばして舞台に花を添えたい」と意気込んだ。

 主人公・両津勘吉役のラサール石井(60)から「生駒ちゃん、よろしくね」とアニメの声色であいさつされると、生駒は「ありがとうございます」と、すっかり舞い上がっていた。

 まじめな性格の生駒は、短冊に「この夏の稽古についていけるように、筋力をつけたい。グループで踊っているけど、全然筋肉がないので」と書き、さらなる飛躍を誓った。

 10年ぶり5度目の舞台は、脚本・演出・主演をラサールが担当。東京公演はAiiA 2・5 Theater Tokyoで9月9~19日、大阪公演はサンケイホールブリーゼで9月23~25日に行われる。

最終更新:7月7日(木)18時59分

東スポWeb