ここから本文です

自衛隊行事への参加 「韓日国防交流の一環」=韓国国防部

聯合ニュース 7月7日(木)14時23分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は7日の定例記者会見で、在韓日本大使館が12日に開催する自衛隊創設62周年記念行事に韓国軍関係者を出席させることについて、両国間の国防交流の一環と説明した。

 文報道官は同行事への出席をめぐる質問に、「日本大使館から招待され例年と同水準で参加する。純粋な相互国防交流・協力の一環として行うものだ」と答えた。

 また、昨年と同じく局長クラスが出席する予定としながらも、具体的に誰が出席するかについては言及しなかった。

 日本大使館は12日にソウル市内のホテルで自衛隊創設記念行事を開催することに伴い、韓国政府当局者を含む各界関係者に招待状を発送した。

 ソウル市内のホテルでの開催は3年ぶりとなる。

 2014年7月にはロッテホテルで開催する予定だったが、行事の開催に反発する声が高まり、ホテル側が行事前日に会場の提供を拒否した。このため大使公邸に会場を移して行われた。昨年も大使公邸で開かれた。

 一部では、大使公邸ではなくソウル市内のホテルで開かれる自衛隊創設記念行事に韓国軍関係者が出席するのは不適切だという声も聞かれる。

最終更新:7月7日(木)14時49分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。