ここから本文です

「カバ」から「イヌ」に うがい薬「イソジン」パッケージ変更 9月から

ITmedia ニュース 7月7日(木)12時0分配信

 ムンディファーマは7月6日、うがい薬「イソジン」の新パッケージキャラクターとして、イヌの一家を描いた「イソジンファミリー」を9月から展開すると発表した。

【画像】新しい製品パッケージ

 イソママ、イソパパ、イソくんの3匹家族。外敵を追い払う番犬のように「日本の家庭をばい菌やウイルスから守ってくれる、守護神のような存在に」との思いを込めたという。ICカード「Suica」のペンギンを手掛けたイラストレーター、坂崎千春さんがデザインを担当した。

 イソジンは、ムンディファーマが商標を持つ殺菌消毒薬のブランド。1961年から明治グループが日本国内で販売してきたが、2016年4月以降、ムンディファーマが自社販売に乗り出すことになり、3月に商標ライセンス契約を終了。塩野義製薬の子会社・シオノギヘルスケアが国内販売を引き継いだ。

 一方「カバくん」のデザインは明治グループが商標登録しており、シオノギヘルスケアの新しい「イソジン」に類似のキャラクターを使うかどうかをめぐって両社の意見が対立。協議の結果、明治グループの「明治うがい薬」はカバくんのデザインを引き続き使用し、イソジンのパッケージは改めることになっていた。

最終更新:7月7日(木)12時0分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]