ここから本文です

NHK会長 朝ドラヒロイン有村架純に期待 「あまちゃんでもなじみある」

デイリースポーツ 7月7日(木)16時8分配信

 NHKの籾井勝人会長が7日、定例会見を開き、2017年度前期の朝ドラ「ひよっこ」のヒロインに女優の有村架純が決まったことについて、「非常に綺麗な方。あまちゃんでもなじみある」と期待をにじませた。

 籾井会長は、有村の印象を聞かれると「非常にきれいな方。『あまちゃん』でもなじみがあるので、まったく初めてではないが、一番売れている女優さんの一人らしいですね。こういう言い方が適切かはわからないが、非常に清楚で、いかにもNHKのドラマに合いそうな印象」と、次々期ヒロインに好印象を抱いている様子。

 また、舞台が1974年の「鳩子の海」以来の茨城県ということについても「地元の方々に喜んで頂けるドラマに仕上がると大いに期待している」とコメントした。

 来年春から始まる「ひよっこ」は、東京五輪が開催された1964年からスタートする物語。茨城県の山間の村で育った有村演じる谷田部みね子が、集団就職で上京し、いなくなった父を捜しながら、さまざまな困難を乗り越えて成長していく様子を描く。脚本は「ちゅらさん」「おひさま」を担当した岡田恵和氏が手がける。

最終更新:7月7日(木)16時29分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。