ここから本文です

生駒里奈 舞台版「こち亀」出演「うれしい」 毎週ジャンプを買っているファン

デイリースポーツ 7月7日(木)16時32分配信

 乃木坂46・生駒里奈(20)が7日、東京・亀有の香取神社で、「舞台版 こちら葛飾区亀有公園前派出所」(9月9~19日=東京・アイア2・5シアタートーキョー)の成功祈願を、主演のラサール石井(60)らと行った。

 原作漫画が週刊少年ジャンプで連載40周年を迎えたのを記念して、10年ぶり5度目の上演。新加入の生駒はオリジナルキャラクターで、心に闇を抱える少女・サキを演じる。アニメ好きとして知られるだけに、「毎週ジャンプを買っているファンなので、40年という歴史を持っている作品に携われて、鼻血が出るほどうれしい」と大興奮だった。

 七夕の短冊には『筋力がつきますように』と、アイドルらしからぬ願い事。「この夏、筋力をつけて稽古に臨みたいです。筋肉量がすごくないので」と“マッチョ化”への肉体改造を宣言していた。

最終更新:7月7日(木)16時50分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。