ここから本文です

北朝鮮、中国への派遣労働者に“5人1組の監視網”…互いに監視

WoW!Korea 7月7日(木)16時54分配信

北朝鮮が中国に派遣した労働者たちの離脱を防ぐため、細かい監視網を組織化し運営していることが分かった。

 7日、自由アジア放送(RFA)は中国の対北消息筋の言葉を引用し、「中国に派遣された北朝鮮労働者が以前よりはるかに強化された監視体系の中で、互いを密着監視している」とし、「一般労働者は5人1組の相互監視網を構成し、互いを監視している」と明らかにした。

 また、労働者集団を総括管理する責任者は通称「社長」と呼ばれ、社長の下で行政実務を担当する第1副支配人と労働者の監視を引き受ける保衛部所属の第2副支配人がいると説明した。

 消息筋は、5人1組の監視組織の組織長が組員はもちろん、別組の組織長までを監視しており、1~2日に1度、第2副支配人に報告書を提出すると伝えた。また、彼らの連結輪と監視網を図表で描くと「5角形の蜂の巣形態」になると述べた。

最終更新:7月7日(木)16時54分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。