ここから本文です

ジョエル・エドガートン長編監督デビュー作、サイコスリラー「ザ・ギフト」公開

映画ナタリー 7月7日(木)17時0分配信

「ウォーリアー」「ブラック・スキャンダル」で知られるジョエル・エドガートンの長編監督デビュー作「ザ・ギフト」が、10月下旬に公開されることがわかった。

本作は、夫の地元で幸せな家庭を築く夫婦のもとに、夫の同級生だと名乗る男・ゴードから徐々に度を越した贈り物が届けられるさまを描くサイコスリラー。監督のエドガートン自身がゴードを演じるほか、夫役には「ズートピア」で主人公の相棒ニックの声を担当したジェイソン・ベイトマン、妻役には「アイアンマン3」「トランセンデンス」のレベッカ・ホールがキャスティングされた。また「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」のプロデューサー、ジェイソン・ブラムが製作を手がけている。

「ザ・ギフト」は東京・TOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。

(c)2015 STX Productions, LLC and Blumhouse Productions, LLC. All Rights Reserved.

最終更新:7月7日(木)17時34分

映画ナタリー