ここから本文です

豪警察署が「Pokemon GO」ユーザーに注意喚起 「ポケストップの利用時に、現実の建物に入る必要はない」

ねとらぼ 7月7日(木)15時54分配信

 オーストラリアとニュージーランドで先行リリースされた、ポケモンの新アプリ「Pokemon GO」。スマホを見ながら屋外を歩いて遊ぶだけに、交通事故が懸念されるゲームですが、早くもオーストラリアの警察署から注意が喚起されました。

【オーストラリアの警察署が例示したポケストップ】

 内容は、ゲーム内施設「ポケストップ」を利用する際に、施設として指定された建物に入る必要はないというもの。この施設は、モンスターボールなどの道具が得られる場所。「Ingress」の「ポータル」のように、名所旧跡やモニュメントなどが指定され、現地に近づくことで利用できます。確かに、もし警察署がポケストップになった場合、それを理由にユーザーが進入してきたら無用なトラブルを招きそうです。

 警察署はさらに、「歩きPokemon GO」についても警告。「そのサンドはどこにも行かないから、通りではスマホを見ずに周囲を確認して、安全を確保して捕まえてね」といった、優しいニュアンスで注意を呼びかけています。

最終更新:7月7日(木)15時54分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]