ここから本文です

電気を消すのが怖くなる、ジェームズ・ワン製作ホラー「ライト/オフ」予告編

映画ナタリー 7月7日(木)18時0分配信

「ソウ」「死霊館」のジェームズ・ワンが製作を務めた「ライト/オフ」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、暗闇の中にだけ現れる“何か“の恐怖を描くホラー。予告編では、主人公レベッカの家族が営む工場で、従業員が電気を消すと“何か”のシルエットが現れ、電気をつけるとシルエットが消えるという不気味なシーンなどが切り取られている。

このたびポスタービジュアルも完成。「電気を消したら、“それ”は来る」というコピーが添えられ、暗い部屋の奥に浮かび上がる“それ”の姿が確認できる。

「ライト/オフ」は、監督のデヴィッド・F・サンドバーグが2013年に制作した同名短編映画を自らリメイクした作品。「ウォーム・ボディーズ」「X-ミッション」のテリーサ・パーマーがレベッカを演じる。8月27日より東京・シネマート新宿ほか全国でロードショー。



(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

最終更新:7月7日(木)18時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。