ここから本文です

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉がUSJに登場!「デスノート」脱出ゲームに大興奮

映画ナタリー 7月7日(木)18時21分配信

本日7月7日、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて開催中のリアル脱出ゲーム「デスノート・ザ・エスケープ」に、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉がサプライズ登場した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「デスノート・ザ・エスケープ」は、東出らが出演する「デスノート Light up the NEW world」の前日譚。映画本編に登場する6冊のデスノートのうちの1冊によって巻き起こる事件が描かれており、名探偵Lと協力しながら、ゲストが謎解きに挑戦するというストーリーだ。映画でLの後継者・竜崎役を務めた池松が出演し、死神・リュークの声は中村獅童が担当している。

東出、池松、菅田の3名が公の場にそろって登壇するのは今回が初めて。同ゲームを体験した感想を、東出は「伏線の数がすごい! それを少しずつ解き進めながら『わりと早くクリアするんじゃない?』と話し合っていたけど、最後は全力疾走でした。ゴールしてスカッ!とした。この夏、すごくエキサイティングできると思うので、ぜひ来て思いっきり頭と身体を動かしていただけたらと思います」と語る。そして脱出ゲームは初体験だったという池松は「アトラクション気分で入ったら大間違いだった。いろんな作り込みがあり、いい意味で期待を裏切るような体験で素晴らしいと思いました。最後までいっぱい脳を使って、ぎりぎりで走ってゴールして気持ちよかった!」と大満足の様子。

また、菅田は「深く考えるのが好きで、腕試ししたい僕みたいな人が楽しめると思う。太ももパンパンですよ! 最後の3分間くらいはダッシュでした。正直めちゃくちゃ楽しかった! 20代になるとそんなにはしゃぐことがないけど今日ははしゃいだ! 時間ぎりぎりでのゴールでした。してやられた感がすごく楽しくて気持ちよかった」と興奮気味にコメントした。

「デスノート・ザ・エスケープ」は、週刊少年ジャンプとユニバーサル・スタジオ・ジャパンのコラボイベント「ユニバーサル・ジャンプ・サマー」内のアトラクションの1つとして9月4日まで開催中。なおキラとLの死から10年後を舞台にした「デスノート Light up the NEW world」は10月29日より全国でロードショー。

最終更新:7月7日(木)18時21分

映画ナタリー