ここから本文です

巨女を戦車に!駕籠真太郎の異色戦争マンガ、描き下ろし入りの完全版

コミックナタリー 7月7日(木)18時27分配信

駕籠真太郎による単行本「輝け! 大東亜共栄圏 完全版」が、本日7月7日に発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本書は1999年に刊行された太平洋戦争を題材とした歴史改変戦記に、17年越しで描き下ろされた最終話と、新たなカラーイラストを加えたもの。人間戦車や巨女など、エログロ要素たっぷりに各地の戦場の様子を描いている。最終話では本作では初となる、現代を軸にしたストーリーを展開。

現代美術家の会田誠からは「このような我々“孫世代”の妄想も、太平洋戦争が残した一つの傷跡であり、真摯な記憶遺産と捉えるべきでしょう」というコメントが寄せられた。太田出版の公式サイトでは試し読みも公開されている。

最終更新:7月7日(木)18時27分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。