ここから本文です

無人運転バスサービス「Robot Shuttle」、DeNAが8月スタート 「まずは私有地、チャレンジはしない」

ITmedia ニュース 7月7日(木)17時21分配信

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は7月7日、仏企業と協業し、電気で動く無人運転バスを使った交通サービス「Robot Shuttle」(ロボットシャトル)を8月から運用すると発表した。公共施設やテーマパークなどの私有地で活用を見込む。「スピードをあまり出す必要がなく、深刻な事故につながりにくい私道や私有地から、自動運転のサービスを導入していきたい」という。

【画像】車内は“観覧車風”?

 Robot Shuttleは、仏スタートアップ・EasyMileが開発した自動運転バス「EZ10」を利用したサービス。車両に搭載したカメラやセンサーで現在位置を把握しながら、あらかじめ地図上に設定したルートに従って走行する。近くに人や障害物を検知すると、自動的に減速/停車する仕組みも備えている。

 車内に運転席はなく、車両の前後の区別はない。定員は12人(着席6人、立席6人)。最大スピードは時速40キロだが、普段は時速20キロ程度で走行する予定だ。走行時間は最長約10時間。車両サイズは3.928(全長)×1.986(幅)×2.750(高さ)メートル。重量は約1700キロ。

 EasyMileは、2016年内に世界10カ国で同車両の提供を目指しており、日本国内ではDeNAが導入をサポートする。日本国内の法律に基づき、公共施設やテーマパーク、工場などの私有地のみで運用を想定。イオンモールと提携し、8月にイオンモール幕張新都心(千葉県)に隣接する豊砂公園の敷地内で導入する予定だ。

●「チャレンジはしない」 自動運転の普及は「私有地」から

 「チャレンジはしない、二重三重の安全確保をしている」――DeNAの中島宏オートモーティブ事業部長は、同車両の安全面についてそう話す。今年5月、米Tesla Motorsの「Model S」による死亡事故が起きたのを受け、自動運転の安全性が疑問視される中「深刻な事故を起こしにくい形での導入を意識した」(中島事業部長)という。

 「(自動運転車が)ひとたび公道に出ようとすると、他の車両に迷惑がかかるので一定のスピードを出す必要があるが、そのぶん事故のリスクは高まる。私有地であれば低速でも問題なく、自動運転の導入の近道になる」(中島事業部長)

 DeNAは昨年10月、ロボットメーカー「ZMP」と合弁会社「Robot Taxi」を設立し、公道で自動運転によるタクシーの実証実験を始めている。だが法整備や安全面の対策を考慮すると「公道での実用化は数年先」(中島事業部長)としている。

最終更新:7月7日(木)20時17分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]