ここから本文です

DeNA、“無人運転バス”を8月から運用 イオンモールが試験導入

ITmedia ビジネスオンライン 7月7日(木)17時33分配信

 ディー・エヌ・エーは7月7日、仏国の小型車製造メーカー・EasyMileと業務提携し、私有地での無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を8月から運用すると発表した。

【ニュースリリース】

 Robot Shuttleは、EasyMileが開発した最大12人が乗車できる自動運転車「EZ10」を利用。運転席はなく、あらかじめ地図データ上に設定したルートをカメラ、各種センサー、GPSを用いて自動で走行する。

 ルート上で障害物を検知すると、その障害物との距離に応じて自動的に減速、または停車し、危険を回避する。国内の走行可能エリアは現在、私有地のみであるため、各種公共施設内・商業施設内・テーマパーク内・工場内部などでの運用を想定している。

 8月からイオンモールがRobot Shuttleを試験導入し、同社が運営するショッピングセンター「イオンモール幕張新都心」に隣接する豊砂公園の敷地内で、同店の顧客向けに運用する予定。

 ディー・エヌ・エーは昨年5月に自動運転タクシーの運行を目指す新会社、ロボットタクシーを設立するなど、自動運転の分野に力を入れている。

最終更新:7月7日(木)17時33分

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]