ここから本文です

Gacharic Spin、“7”並びを記念して“確変”アルバムリリースを発表

音楽ナタリー 7月7日(木)19時0分配信

Gacharic Spinのニューアルバム「確実変動 -KAKUHEN-」が9月7日にリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Gacharic Spinは今年結成7周年を迎えることを記念して、本日7月7日19:00(午後7時)以降、7の付く日に計7つの重大発表を行う企画を展開。その第1弾として2ndアルバムのリリースを発表した。

アルバムは「バンドとして結成“7”周年を迎えても、私たちはこれからも確実に変動して連チャンしていくぞ!!」「Gacharic Spinは、メンバー6人とファンの皆さん、合わせて“7”人組のバンドなんだ!」というこだわりのもと制作され、ジャケットには数字の“7”をモチーフにしたデザインが採用される。またCDには「シャキシャキして!!」「アルブスの少女」といった既発曲を含めた12曲が収録される予定になっている。

なおアルバムは初回限定盤Type-A、Type-B、通常盤の3形態で発売され、Type-AとType-BにはDVDが付属。Type-A付属のDVDには「シャキシャキして!!」のミュージックビデオとメイキング映像が収録される。一方Type-BのDVDには5月に東京・EX THEATER ROPPONGIで行われたライブの演目のうち3曲の映像とバックステージの映像が収められる。

Gacharic Spin コメント
その名も『確実変動 -KAKUHEN-』!! 確率変動にかけてこの名前をつけました。確実に変動して連チャンしていくぞ!という意味を込めました。7周年を迎えるタイミングでこうやって自分達の作品を残せるのは本当に嬉しいです。楽器チームにパフォーマーがいるという異色なバンドだからこそ、聴かせられる魅せられるものが新しいこのアルバムにはたくさん詰まっています。いい意味でみんなの期待を裏切る1枚になると思いますので、是非楽しみに待っていてください!!

最終更新:7月7日(木)19時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。