ここから本文です

「10代のうちに、初体験しよう」「CDを買わなくても投票できます」 和歌山県の10代向け選挙ポスターがキレッキレで話題に

ねとらぼ 7月7日(木)18時12分配信

 7月10日の参院選投票日に向け、和歌山県の10代投票率を上げようと作成されたポスターが攻めていると話題になっています。みかんが大きく描かれたシンプルなデザインながら、中央には「10代のうちに、初体験しよう」「CDを買わなくても投票できます」「7月10日に、大人の階段をのぼろう」などなど、意味深で実に“うまい”ワードが。

【あくまで選挙の話:さらに大胆なポスターも】

 あくまで選挙のことを言っているだけですが、道端などで目に入ったら驚くことは間違いありません。それだけにインパクトがあり、選挙のことを強く意識させられそうです。

 これらのポスターを作成したのは、和歌山の学生や社会人で活動する有志のプロジェクト「和歌山リア10プロジェクト」。和歌山大学観光学部3年生の小幡和輝さんが立ち上げたもので、和歌山の10代投票率を日本一にするためポスターを作成したとのこと。ネットでポスターが話題になっていることについては、「非常にありがたい」と語っています。

 ポスターは全部で37種あり、他にも「みかんの収穫量に続いて、10代投票率も1位にしよう」「後悔のない10代にしよう」など真面目なフレーズのポスターも多数あります。これは、マジメすぎても拡散されず、ふざけすぎても遊びと思われてしまうので、さまざまなポスターを作りバランスを考えた結果、じつに多種多様なフレーズのポスターが作成されるに至ったそうです。

 制作には、和歌山リア10プロジェクトのメンバーの他に、コピーライターとデザイナーを加えたメンバーが関わりました。サイトの1番下には、ポスター担当者のURLが記載されています。

 果たして、和歌山県の10代投票率が1位になれるのでしょうか。結果が出るのは、もう少しだけ先です。

最終更新:7月7日(木)18時12分

ねとらぼ