ここから本文です

【F1】ピレリ、2017年用タイヤのテストスケジュールを発表

ISM 7月7日(木)15時39分配信

 F1タイヤサプライヤーのピレリは、2017年シーズンに改良型タイヤを投入するための準備として行うタイヤテストのスケジュールを発表した。

 来年から、フロントタイヤの幅は60mm広くなり、245mmから305mmに引き上げられる。リアタイヤは80mm広くなり、325mmから405mmになる。

 全体的に2017年のタイヤは現在のタイヤよりも25%幅広になり、インターミディエイトとフルウェットコンパウンドも同様の寸法となる。

 合計24日間、10回のテストが5つの異なるサーキットで実施され、メルセデス、フェラーリ、レッドブルが改良型の2015年マシンを提供する。

 改訂レギュレーションの下、そのクルマが来年に予想されるダウンフォースレベルを擬似的に作ることができるようにするために、正確な仕様はFIAが説明する。

 またピレリは、現行サイズではあるものの2017年用のプロトタイプの原料と構造を用いたタイヤを使用し、2012年から2014年のクルマで行うテストも実施する予定だ。

 最初のテストは来週、シーズン中テストと並行してシルバーストンで行われ、パスカル・ウェーレインがメルセデスの2014年マシン、W05ハイブリッドを走らせる。

 さらにピレリは、「他チームのスポーツ的な公平性の理由から、3チームテストは、これらのテスト中に収集されたすべてのデータの共有を義務付けられる」ことも認めている。

 ピレリは、少なくとも2019年シーズン末までF1の単独タイヤサプライヤーを務める。

 ピレリのテストプログラムは以下のとおり。(情報提供:GP Update)

改良型2015年マシン、2017年のタイヤサイズ
8月1日、2日 フィオラノ/フェラーリ/ウェット
8月3日、4日 ムジェロ/レッドブル/スリック
9月6日、7日 バルセロナ/フェラーリ/スリック
9月6日、7日、8日 ポールリカール/メルセデス/スリック
9月21日、22日 ポールリカール/メルセデス/ウェット
10月12日、13日 バルセロナ/メルセデス/スリック
10月14日、15日、16日 アブダビ/レッドブル/スリック
11月2日、3日 アブダビ/レッドブル/スリック
11月14日、15日、16日 アブダビ/フェラーリ/ウェット
11月29日 アブダビ/メルセデス、フェラーリ、レッドブル/すべてのタイヤ

2012ー2014年マシン、2017年のプロトタイプエレメント
7月12日、13日 シルバーストン/メルセデス
7月16日 フィオラノ/フェラーリ
7月18日、19日 ヴァレルンガ/レッドブル

最終更新:7月7日(木)15時43分

ISM