ここから本文です

Wake Up, Girls!映画の“聖地”で七夕ライブ、秋にキャラソンCD7作も

音楽ナタリー 7月7日(木)22時0分配信

Wake Up, Girls!のライブが8月6日に宮城・勾当台公園いこいの広場 野外音楽堂で開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Wake Up, Girls!は2014年と2015年に劇場公開され、また2014年にテレビ放送されたアイドルアニメ「Wake Up, Girls!」の出演声優7人からなるユニット。2014年公開の映画「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」において、アニメキャラクターたちが勾当台公園の野外ステージでデビューライブを開催するシーンが描かれており、このたび声優陣もこの“聖地”でライブを行うこととなった。なおこのライブは8月6日からの「仙台七夕まつり」の期間中に行われる「KHB七夕フェスタ」の一環として実施され、会場にはWake Up, Girls!の七夕飾りもお目見えする。ライブの開演時間は追って発表。

また9月28日には彼女たちが歌うキャラクターソングCD7タイトルが同時リリースされる。これはそれぞれメンバーがアニメ「Wake Up, Girls!」内の担当キャラクター名義で歌う楽曲が収録されたシングルで、7月から実施される彼女たちのツアー各公演で表題曲が1曲ずつ初披露される。ツアー初日、千葉・舞浜アンフィシアター公演で岡本未夕名義の楽曲「It's amazing show time☆」を歌う高木美佑は「ライブツアーでは、キャラソンを歌うのもトップバッターなので緊張しますが、未夕ちゃんらしく明るくかわいく歌えるようにたくさん練習頑張ります!」と意気込みを語っている。

Wake Up, Girls! フリーライブ
2016年8月6日(土)宮城県 勾当台公園いこいの広場 野外音楽堂

Wake Up, Girls!Character song series2 各タイトル
・島田真夢(CV:吉岡茉祐)「走り出したencore」 ※2016年7月24日(日)大阪・松下IMPホール公演で初披露。・林田藍里(CV:永野愛理)「ヒカリキラリミルキーウェイ」 ※2016年8月7日(日)仙台・仙台サンプラザホール公演で初披露。・片山実波(CV:田中美海)「それいけオトメ」 ※2016年8月28日(日)東京・Zepp DiverCity TOKYO公演で初披露。・七瀬佳乃(CV:青山吉能)「青い月のシャングリラ」 ※2016年8月20日(土)福岡・DRUM LOGOS公演で初披露。・久海菜々美(CV:山下七海)「snuggery」 ※2016年8月14日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場公演で初披露。・菊間夏夜(CV:奥野香耶)「Into The Light」 ※2016年7月31日(日)新潟・新潟LOTS公演で初披露。・岡本未夕(CV:高木美佑)「It’s amazing show time☆」 ※2016年7月17日(日)千葉・舞浜アンフィシアター公演で初披露。

Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」
2016年7月17日(日)千葉県 舞浜アンフィシアター[昼の部]OPEN 14:00 / START 15:00[夜の部]OPEN 18:00 / START 19:00 2016年7月24日(日)大阪府 松下IMPホール[昼の部]OPEN 13:00 / START 14:00[夜の部]OPEN 17:00 / START 18:00 2016年7月31日(日)新潟県 新潟LOTS[昼の部]OPEN 13:00 / START 13:30[夜の部]OPEN 16:30 / START 17:00 2016年8月7日(日)宮城県 仙台サンプラザホール[昼の部]OPEN 12:00 / START 13:00[夜の部]OPEN 16:00 / START 17:00 2016年8月14日(日)沖縄県 ミュージックタウン音市場[昼の部]OPEN 12:15 / START 13:00[夜の部]OPEN 16:00 / START 16:45 2016年8月20日(土)福岡県 DRUM LOGOS[昼の部]OPEN 13:30 / START 14:00[夜の部]OPEN 17:00 / START 17:30 2016年8月28日(日)東京都 Zepp DiverCity TOKYO[昼の部]OPEN 14:00 / START 15:00[夜の部]OPEN 18:00 / START 19:00

最終更新:7月7日(木)22時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。