ここから本文です

レズビアン&ゲイ映画祭でヴェネツィア金獅子受賞作や赤西仁の出演作など上映

映画ナタリー 7月7日(木)22時19分配信

「第25回レインボー・リール東京 ~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」が7月9日から18日にかけて、東京・シネマート新宿およびスパイラルホールにて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1992年より開催されている同映画祭は、セクシャルマイノリティをテーマとする劇映画やドキュメンタリーを紹介するもの。本年度は第72回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を獲得したロレンソ・ビガス監督作「彼方から」が日本初上映されるほか、ウーマンリブ運動が活発だった1970年代のフランス・パリを舞台に女性たちの恋愛を描く「サマータイム」、性別適合手術を行った実在の人物を濱田龍臣が演じるドキュメンタリードラマ「ハイヒール革命!」などがラインナップに並ぶ。

映画祭ではグレッグ・アラキの監督作「リビング・エンド(デジタル・リマスター版)」「ミステリアス・スキン」、アジアの短編作品4本なども上映。また写真家のレスリー・キーがメガホンを取り、赤西仁がキャスト・音楽プロデューサーとして参加した短編映画「PHANTOM」もスクリーンにかけられる。

会期中は、舞台挨拶や関連イベントも実施。詳細は公式サイトで確認を。

第25回レインボー・リール東京 ~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~
2016年7月9日(土)~18日(月・祝)東京都 シネマート新宿、スパイラルホール<上映作品>「彼方から」「サマータイム」「ハイヒール革命!」「リビング・エンド(デジタル・リマスター版)」「ミステリアス・スキン」「PHANTOM」ほか料金:前売り1回券 1400円 / 当日1回券 1700円 / 前売り4回券 5200円※「PHANTOM」のチケットはPeatixでのみ取り扱われ、料金は900円

最終更新:7月7日(木)22時19分

映画ナタリー