ここから本文です

前田敦子、“一番怖い監督”黒沢清との幻の作品完成を七夕に願う

映画ナタリー 7月7日(木)23時1分配信

本日7月7日、「クリーピー 偽りの隣人」の大ヒット記念トークショーが東京・新宿ピカデリーで開催され、監督の黒沢清とゲストの前田敦子が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作の感想を聞かれると、前田は開口一番「やっぱり香川(照之)さんが頭から離れないですね(笑)」と回答。そして「最初は『出た、香川さんのこういう感じ!』と思いながら余裕を持って観れて。ちょっとかわいさもあるじゃないですか。でも予告編に使われていた『あの人、本当のお父さんじゃないんです』というシーンからどんどん恐怖が増していく。客観的に観ていたのに、その中に自分が入り込んでいくのは初めて味わった恐怖でした」と興奮気味に続け、黒沢をにやりとさせた。

黒沢が監督した2014年公開作「Seventh Code」で主演を務めた前田は、2016年4月から6月にかけて放送されたテレビドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」で共演した新井浩文と「これまで一番怖かった監督は?」という話題になり、2人とも黒沢の名を挙げたことを明かす。黒沢は「心外ですよ!」と抗議するものの「でも自分じゃわからないしな……」と弱気に。前田がその理由について「黒沢監督は見た目通り本当に素敵な方なので『ちゃんと応えたい!』という気持ちになってしまうんです。しっかり見てくださっているのがわかるので、愛情を感じれば感じるほど『応えなきゃ!』って」と必死に説明するが、黒沢はやはり「そう思われているうちが華ですよね。いやでもまずいな、そんなふうに思われているんだ……」と肩を落としたままだった。

また本日が七夕ということで、2人に「短冊に願いごとを書くなら?」という質問が。前田は「さっき、ふと何が幸せかな?って考えていたんです。食べることがすごく好きなので、食べ続けたいなと。だから『いくら食べても太らない体になれますように』って書きたい」と真剣に答えるも、観客の笑い声に気付くと「子供みたいですみません」と照れながら謝る。

一方、黒沢は「おかげさまで、ここのところ立て続けに映画を撮れていまして。またこれからもう1本撮るんですけど」と感謝の言葉から切り出した。しかし「それを撮ったら、これまでいっぱいためてきた企画がなくなってしまうんです」と嘆き、「小さな規模で、年に1本のペースでいいので地道に撮り続けることができたらいいな」と希望を口にする。また黒沢が「実はずいぶん前、中国が絡んだ大きなオリジナルの企画があったんですけど、無くなってしまって。そのヒロインが前田さんだったんです。だからそれも含めて細々と撮っていきたいですね」と明かすと、前田は先ほどの願いごとを撤回し、「『黒沢さんとのその作品が夢で終わりませんように』って言い換えます!」と再タッグに意欲を燃やした。

「クリーピー 偽りの隣人」は、西島秀俊演じる犯罪心理学者・高倉とその妻が、香川扮する奇妙な隣人・西野に翻弄されるさまを描いたサスペンススリラー。共演に竹内結子、藤野涼子が名を連ねる。全国の劇場で上映中。



(c)2016「クリーピー」製作委員会

最終更新:7月7日(木)23時1分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。